くどき上手・ばくれん(山形県)

■くどき上手、ばくれん/亀の井酒造(山形県)

昭和58年から、それまでの銘柄である「亀の井」から「くどき上手」というネーミングの銘柄へ移行し、現在全量を吟醸規格で出荷する蔵。小川酵母(10号酵母)の特徴を生かした繊細で爽やかな酒質にごだわり、その持ち味を生かす為に貯蔵時の冷蔵設備を増設し、品質管理に万全を期しています。酒銘の「くどき上手」とは、豊臣秀吉のような出世する武将は説得力がある=口説き上手であることから、成功する、出世するという意味を込めて命名されました。

【厳撰美酒 阿部酒店】 http://www.ast39.com   [E-mail] info@ast39.com
79